水素水の正しい選び方

水素水を飲むべきタイミング

水素水を飲むべきタイミング 日々の健康はもちろん、美容面からも注目を浴びている水素水ですが、これは継続して飲み続けることで効果を実感することができます。
厳密にいうと飲むタイミングは決められていませんが、せっかく続けるなら効率よく効果的に摂取したいものです。
飲み方の基本は毎日200ml以上の水素水を飲むこと、1日の決められたタイミングで飲むことが最も効果を実感できるということがわかっています。
お風呂上りや喉が渇いたときにその都度飲むのももちろん良いのですが、朝起きた時や就寝前など決められたタイミングで規則正しく飲むことをおすすめします。
1日2回、朝と夜に分けて飲むのもよいですし、1日1回しか飲まないという場合は朝の起床時に飲む習慣をつけることです。
水素水は活性酸素を除去する効果があるため、活性酸素が発生する前の朝に摂取するとより効果的です。
水素水は一度にたくさん摂取しても問題はありませんが、一度にたくさん摂取しても無駄になるので適量をおすすめします。

水素水の味について

水素水の味について 水素水とは水素分子(H2)を溶解させた水のことで、本来は無味、無臭、無色の液体です。
抗酸化作用があり健康維持や美容に効果があると言われ、さまざまな製品が販売されています。
しかし実際に製品を飲んでみると、製品ごとに味に若干違いがあります。
この違いは水素が溶けている水と使用する容器に関係があります。
市販の水素水の多くは、ペットボトルやアルミ缶、アルミパウチ容器が使われています。
水素は大変小さな分子なので、ペットボトルやアルミ缶は水素が抜けてしまう可能性があります。
またアルミ缶はアルミの金属臭が移っている場合があります。
アルミパウチ水素水は、一般的に4層のアルミパウチ容器に入っており、水素が抜けにくくほとんどの製品にはアルミ臭もありません。
アルミパウチ水素水は、名水百選に選ばれるような良質な天然水で作られている製品が多く、まろやかでおいしいと言われています。
自分で作るタイプとして、水素を発生させるスティックを使うものがあります。
この場合の味は、作る際に使う水の種類や品質により大きく変わります。